サーバ側のアクションと結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

入力項目に文字列を入力し、
ボタンを押したら、その文字列を画面の[ ] 内に表示する

 

という課題ですが、サーバー側で実現するには、いろんな言語があります。

Perl,PHP,Java,Ruby,JSP,などなど。

 

ワードプレスはPHPで作られています。

 

Web系のアプリケーションでは、PHPが多いと思います。

そうはいっても、PHPはスクリプト言語なので、
いかにも

「プログラミング、やってます!」

的な処理を書かないといけません。

 

ま、それがプログラマーからみると、普通なんですけど、ね。

 

今回おすすめするのは、

ColdFusionというCFMLタグでロジックを記述するというものです。
※CFML(ColdFusion Markup Language)

 

タグを使っている点、形式にこだわらない点、

マークアップ内にスクリプトを組み込める点などが

HTML に類似しています。

 

ということは、HTMLに慣れている人なら、

違和感がないと思います。

 

こちらがPHPで実行したもの、
こちらがColdFusionで実行したものです。

 

といっても、見た目は同じですが、
実際のプログラムの違いは、以下のとおりです。

 

●PHPのソース

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サーバ側アクション(PHP)</title>
</head>
<body>
<form method="post">
入力項目
<input type="text" name="fld">
<input type="submit" value="送信">
</form>

<?php
$fld = '';
if ($_POST) {
    $fld = $_POST['fld'];
}
?>

日本の首都は、[ <?=$fld?> ] です。
</body>
</html>

 

●ColdFusionのソース

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サーバ側アクション(CF)</title>
</head>
<body>
<form method="post">
入力項目
<input type="text" name="fld">
<input type="submit" value="送信">
</form>

<cfif not isDefined("form.fld")>
    <cfset form.fld = "">
</cfif>

<cfoutput>
日本の首都は、[ #form.fld# ] です。
</cfoutput>
</body>
</html>

 

短すぎるので、違いがわかりづらいですね。
次は、ちょっと複雑なもので比較してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
メール講座 「入門編
無料レポートセンター

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
プロフィール
カテゴリー
タグ
アーカイブ