クックパッドカンファレンスのColdFusionネタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

1月23日に「Cookpad Tech Conf 2016」があったそうです。

 

クックパッドといえば、創業時はColdFusionを使っていました。

 

なにかそんな情報もあるかと思って、まとめブログを読んでみました。

 

Cookpad Tech Conf 2016 に行ってきた

 

 

その中の記事で、2つ注目しました。

 

 

「2007のリニューアルはうまくいった?」という部分

  • Coldfusion -> Rails
    • エンジニア5名くらい
  • 決してうまくいってなかった
    • サービス規模が小さかったからなんとかなった
    • すでに壊れかけてたから、それ以上悪くなることはなかった
    • 移行後、かなり不安定だった
    • 若さで乗り切った

 

 

「なぜ、書き直したかったのか」という部分

  • サービスを継続的な改善 がしたかった
    • 謎のレガシーコードが多くて、機能追加・改善がめちゃやりづらく、継続的改善の支障となっていた
  • つまり、フルリニューアルでなくても
    • 開発速度を落とさず、継続的な改善 ができればよかった

 

 

クックパッドがここまで巨大になるとは思いませんでした。

 

開発言語の流行など考えると、Rubyはよかったかもしれません。やはり、中心となる人が日本にいるのが強みですね。

 

ColdFusion、もりあがると思ったんですけど。。。でも、便利なんですよね。中規模までなら、いいかも。

 

ColdFusionの認知度も超低いので、なにか簡単なデモなど作ってみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
メール講座 「入門編
無料レポートセンター
最近の投稿
プロフィール
カテゴリー
タグ
アーカイブ