heteml(ヘテムル)のColdFusion機能提供終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ヘテムルから「ColdFusion機能提供終了」のメールが!

21日に、ヘテムルからメールがきました。
こちらのサイトにも、案内があります。

 

【cfftp1】サーバーの ColdFusion 機能提供終了、及び新サーバーへの移設につきまして

 

それによると、2016年2月末で、提供終了とのこと。
「とうとう、きたかー」という感じです。

 

実はヘテムルのColdFusionのバージョンは、「8」なんです。最新のバージョンは、「11」です。

 

ColdFusionプランも、2011年4月に、新規受付を終了していたので、「どうなるかな?」とは思っていましたが、とうとうきましたね。

 

実際、やめようか、どうしようか迷うところはありました。

 

以下はヘテムルで作ってます。

 

アマゾン検索

アマゾン検索

自動的に「一攫千金」なんて考えながら作っていましたが、最近ではグーグルさんも賢くなっているので、全然ダメですね。昔は、ちょこっとアフィリエイトが発生した気がします。

 

「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の検索条件を保存する方法

「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の検索条件を保存する方法

期間での検索で、毎回設定が面倒だったので、なんとかできないかと思って作りました。

この記事にあるこちら

 

アマゾンのインスタントストアと楽天の情報を共存させる方法

アマゾンのインスタントストアと楽天の情報を共存させる方法

いろいろやってました。一部動いているようです。

 

array 変数で Iterator を使う

array 変数で Iterator を使う

ColdFusionはJava上で動いているので、できる技ですね。

 

 

※あらためて、昔書いたアメブロとか、はてなダイアリーを見ました。今のブログ用の記事に再編集するのもいいかな。
※終了が決定なので、もうしょうがないですね。

ヘテムルのColdFusion機能の変遷

あらためてGmailを確認しました。ヘテムルに申し込んだのは、2005年12月20日でした。その時は、ColdFusion7。

 

2009年6月15日

ColdFusionプランとして、ColdFusion8となる。今までは、月額1500円でColdFusionも使えていたのが、ColdFusionなしで値段据え置き、「ColdFusionプラン」で、月額2500円。

 

2011年4月

「ColdFusionプラン」の新規受付の終了。

 

2016年2月末

「ColdFusionプラン」終了。

 

日本のColdFusionのホスティングサービスは?

私の知る限りでは、サイトに「ColdFusion」を明記してあるところは知りません。

 

株式会社フューチャリズムワークス

株式会社フューチャリズムワークス

こちらはヘテムルと同時期にColdFusionに対応していました。

現在は、どうなんでしょう??

 

JCity

JCity

こちらは、「ColdFusion」は明記していませんが、ホスティングサービスとしてColdFusionを利用することができます。

 

JCity設立前に、海外で、dbweblink.com として、日本語対応していました。数ヶ月使ったことがあります。

 

JCityになってからも利用したことがありますが、海外のサーバを使用しているようです。サーバ時間が日本時間ではありませんでした。

 

ただ、メルマガサービスのエンジン利用がColdFusionからできます。
メルマガ配信には定評のある会社なので、連携できるとおもしろいと思います。

 

海外のColdFusionのホスティングサービスは?

こちらを参考にしてください。
ColdFusionホスティングパートナー

 

個人的に、現在使っているホスティングサービスは、こちら。

HOSTEK
7.99ドルのプランを使っています。

AWSでやる?

ColdFusion9から、クラウドでも使えるようになりました。
AWSでもColdFusionが時間単位で使えます。説明はこちら

時間単位の値段は、こちら

 

EC2のインスタンスタイプによって値段も変わってきます。

 

ただ、アクセス数がゼロに近い場合は、安い方がいいですし、頻繁にアクセスがあるようなら、高い方がいいですし、選択するのも難しいですね。

 

最近注目しているのが、「Lambda」というものです。これは、アクションがあったときだけの使用料となるそうです。インスタンスタイプをどうするかなど、考えなくてもよさそうです。

 

まとめ

  • ヘテムルにあるColdFusionで動くものは、HOSTEKに移行。(アマゾン検索システムぐらいかな?)
  • AWSでColdFusionができる環境に挑戦。(企業としては、なにかと便利そう)
  • AWSのLambdaの検討。(ColdFusionでもできるなら、ハード関係を決める必要もなく、開発だけに専念できそう)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
メール講座 「入門編
無料レポートセンター
最近の投稿
プロフィール
カテゴリー
タグ
アーカイブ