[ColdFusion] 構造体の値の表示(1/5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

例題

以下のデータを構造体にセット、表示する

 

氏名="山田太郎"
郵便番号="123-4567"
電話番号="03-1234-5678"
住所="東京都中央区"
住所2="1丁目"

解答

<cfset a = StructNew()>
<cfset a["name"] = "山田太郎">
<cfset a["yubin"] = "123-4567">
<cfset a["tel"] = "03-1234-5678">
<cfset a["jyusyo"] = "東京都中央区">
<cfset a["jyusyo 2"] = "1丁目">
<cfoutput>
氏名=#a["name"]#<br>
郵便番号=#a["yubin"]#<br>
電話番号=#a["tel"]#<br>
住所=#a["jyusyo"]#<br>
住所2=#a["jyusyo 2"]#<br>
</cfoutput>

 

構造体とは、キーと値のペアで構成されます。

 

上記のように

a["name"]

という書き方がわかりやすいです。

 

キーの部分が空白のある文字列でない場合は

a.name

と書けます。
よく使う形式です。

 

ちなみに

a["jyusyo 2"]

はドット表記法はできません。

 

ドット表記法との使い分けとしては、
キーの部分が変数で指定できる場合、
たとえば

 

<cfset key = "name">
<cfoutput>
#a[key]#
</cfoutput>

 

とする場合です。

ドット表記法で使いたい場合は、

 

<cfoutput>
#evaluate("a.#key#")#
</cfoutput>

 

と書くこともできます。

 

ただし、evaluate関数は処理時間がかかったり、
わかりづらいというのもありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
メール講座 「入門編
無料レポートセンター

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
プロフィール
カテゴリー
タグ
アーカイブ