[ColdFusion] クエリー(2/5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

「ColdFusion10アプリケーションの開発」によると、

クエリーオブジェクト ( クエリー、クエリー結果、レコードセットとも呼ばれます) は
ColdFusion の複合データ型で、名前を持つ列のセットとしてデータを表現します。
これは、データベーステーブルの列のセットに似ています。

と、あります。

 

クエリーは、データベースにSQLの問い合わせのことを言ったりしています。

 

クエリーの結果をクエリーオブジェクトといいますが、
個人的には、クエリーと言っています。

 

データベースにSQLの問い合わせを、SQLで実行と言っています。

 

クエリーはデータベースと同じように使うことができるので、
データを絞り込むなど便利です。

 

SQLを使うのと、ほとんど変わりません。

データベースを使わなくても、同様の操作ができます。

例題

項目名が都道府県と県庁所在地というデータがあります。
以下のデータをクエリにセットしたあと、まとめて表示。

 

北海道、札幌
岩手、盛岡
宮城、仙台

解答

<cfset qry = QueryNew("tdfk,ken", "varchar,varchar")>
<cfset QueryAddRow(qry)>
<cfset QuerySetCell(qry, "tdfk", "北海道")>
<cfset QuerySetCell(qry, "ken", "札幌")>
<cfset QueryAddRow(qry)>
<cfset QuerySetCell(qry, "tdfk", "岩手")>
<cfset QuerySetCell(qry, "ken", "盛岡")>
<cfset QueryAddRow(qry)>
<cfset QuerySetCell(qry, "tdfk", "宮城")>
<cfset QuerySetCell(qry, "ken", "仙台")>
<cfloop query="qry">
     <cfoutput>#qry.tdfk#(#qry.ken#)<br></cfoutput>
</cfloop>

 

表示方法として、以下のように書くこともできます。

<cfloop query="qry">
     <cfoutput>#qry["tdfk"][qry.currentRow]#(#qry["ken"][qry.currentRow]#)<br></cfoutput>
</cfloop>

 

「クエリ変数名[カラム名][行番号]」という表示方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
メール講座 「入門編
無料レポートセンター

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
プロフィール
カテゴリー
タグ
アーカイブ